2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 車庫(途中) | トップページ | 上陸間近 »

2006.02.25

冬季五輪

荒川選手、素晴らしい演技でした!

arakawa

五輪前の試合で浅田選手に負け続けたことを叩く人もいますが、そんなことは全く関係ありません。
荒川選手は、五輪の舞台でついに完成したのです。旧採点基準による最後の世界選手権で優勝し、そのうえ新採点基準による最初の五輪でも優勝したんですから、文句の付けようがありません。
この美しい「イナバウアー」も、本家とはかなり異なる姿勢ですし、「アラカワ」という新ワザとして認めて欲しいものです。

« 車庫(途中) | トップページ | 上陸間近 »

コメント

ほんとうに素晴らしい演技でしたね。それから、プレッシャーに打ち勝つ心の強さもこの人は持っていた!ということなのでしょう。
それと、ちょっと感心したのは、フィギュアの解説の佐藤有香さん。とかくスポーツの解説者って日本人選手を持ち上げるだけ持ち上げて、全くダメだったときも「いやぁとてもよかったです、今回は残念だけど次に期待しましょう」と、現実を解説しない人ばかりの中、佐藤さんはしっかりと日本人選手の足りないところを解説してましたね。他の種目の解説の方も見習って欲しいものです。

生放送の時間に頑張って見ました。
演技に迷いが感じられず、素直に美しいスケートだったと思います。
金メダル確定の瞬間は鳥肌が立ちました・・・。

ホントに感動の瞬間でしたねっ。
新ワザ「アラカワ」というのも大いに賛成です!
Tristanさんが仰るように
佐藤有香さんの解説は本当にいつも明快で心地いいですね。
むしろ、アナウンサーの方から、
佐藤さんが現役時代はステップで鳴らした名手だったことくらい
言ってあげて欲しかったなーって思いました(笑)

>Tristanさん
私も、フリースタイルスキーの解説に関しては選手を持ち上げすぎのように感じました。
全体のレベルアップのためにも、公平な評価が必要だと思います。

>shoot_headさん
わたしは朝5時に目覚ましをセットして、前の晩は早く床について万全の体制で見ていました。
ハイビジョンTVを買って初めての五輪でしたが、ハイビジョンは臨場感があってより感動も大きかったです。

>giacomoさん
あれだけ美しく、観客をも魅了するワザが得点にならないというのは、なんか納得いきません。採点基準を見直して欲しいものです。
ただ、冬季種目でありがちな日本人を落とすための基準見直しだけは、絶対に止めてしいです。

遅ればせながら、荒川選手結局日本人ただ一人のメダリスト、しかも金ということになりましたね。演技も素晴らしかったですが、彼女の一貫した考え方に感動しました。現役か引退かの話が出ていますが、彼女の哲学で彼女が決めるのではないでしょうか。

>tomtomさん
帰国した彼女は、輝きに満ちているように見えました。
勝利するということは、人を劇的に変化させるのでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬季五輪:

« 車庫(途中) | トップページ | 上陸間近 »