2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

2006.09.19

人間ドック

私もとうとう不惑を迎え、人間ドックに行かされてしまいました。

結果は…

なんと体脂肪率30%!!!
他にも体重、血圧、コレステロール、中性脂肪、尿酸、等々いくつも上限値を超えてしまいました。まぁ、体重以外は上限値を僅かに上回る程度ですので、もう少し節制すれば正常値に戻せそうです。
また、最近流行の「メタボリックシンドローム」であるとのお墨付きも頂いてしまいました。胴回りが85cm以上で、かつ血圧、中性脂肪、血糖値のうち2つ以上が異常値というのが条件のようですが、私は血糖値以外全て該当してしまいました。
体力測定もやったのですが、こちらは意外と健闘しました。片足バランスと握力が40歳の平均値でしたが、それ以外の種目(立位前屈、垂直とび、反応速度、腹筋)では平均値を上回る結果でした。

とにもかくにも、体重と体脂肪が問題です。運動不足が原因なのはわかっているのですが、なかなかやる気がおきません。しかし、体脂肪率30%にはさすがにショックを受けていますので、少しは運動する気になるんじゃないかなと思っています。

2006.09.11

案ずるより

縁あってボクスター購入となったわけですが、私としては始めての外車であり始めてのオープンカーでもあり、注文してからも結構不安がありました。

・オープンで気持ちよく走れる日なんて日本じゃほとんど無い
・外車はすぐ壊れる
・外車はエアコンが効かない
・高級スポーツカーは保険に入れない
等々、周囲から色々と雑音も聞こえてきました。

しかし、実際に手に入れてみると全くの杞憂でした。
確かに真夏の昼間はオープンには向きませんが、早朝ならとても気持ちよく走れます。雨さえ降っていなければいつだって開いて走れます。
納車から5ヶ月、7200Kmほど走りましたが、全く故障はありません。極めて快調に走っています。
今年の夏はかなり暑かったですが、炎天下でもエアコンはよく効いてくれました。
保険も車両保険込みで問題なく入れました。

間違った認識が広まっているのは残念なことです。
まさに、「案ずるより生むが安し」だと思います。


エントリー受付中です。私も早速エントリーさせていただきました。

2006.08.12

生命の神秘

仕事から帰ってきて家に入ろうとすると、壁に何か着いているのを発見しました。

Semi1

なんだろうと思って、近づいてみると…

Semi2
Semi3

セミの抜け殻でした。恐らくアブラゼミだと思います。
街中とはいえセミ自体はたくさんいますし、木の枝に着いているのはよく見かけます。
しかし、最初の写真を見ての通り周りはコンクリで固められており、なんでわざわざこんなところで脱皮したのか、実に不思議です。
7年間かけて成長した後の、一週間の自由。精一杯楽しんで欲しいと思います。

2006.07.29

サービス

ボクスター、デミオともども、近所のスタンドでガソリンを入れています。
一回当たりデミオはレギュラーガソリンで大体40リットル、ボクスターはハイオクで大体55リットルといったところです。当然、ボクスターのほうが高い金額を払っています。
しかし、どういう訳かボクスターで行くとサービスが悪いのです

デミオだと「ガラスお拭きしますか」とか「ウォッシャー液入れますか」とか「空気圧チェックしますか」とか「エンジンルーム点検しますか」とか色々言ってくれるのに、ボクスターで行くと何も言ってくれません。
まぁボクスターのエンジンルームは特殊ですから無理だとしても、窓ガラスやウォッシャー液や空気圧なら普通の車と変わりない気がしますが。なんとなく「触らぬ神に祟りなし」と思われている感じです。
ポルシェが多く走っている都内ならこんなことは無いんでしょうかね?

Jomo_1

※写真は本文とは無関係です

2006.07.04

日常に潜む恐怖

最近の週末、いつものように早朝ドライブを楽しんでいました。
北陸道の某PAにて休憩、ついでにトイレに入りました。用を足し終わった後、トイレットペーパーを取ろうと手を伸ばしたところ

「ビリッ」

一瞬、何が起きたのか判りませんでした。気を取り直してもう一度手を伸ばしたら

「ビリビリッ」

何が起きたのか、やっと理解しました。感電したのです。
金属部分に触れないよう慎重にペーパーを切り取り、水を流すボタンは袖を伸ばして直接触らないようにして何とか用を足し終えることが出来ました。

今回は大事に至りませんでしたが、もし心臓の弱い人が同じ目にあったら命にかかわります。
最近エレベータの事故が話題になっています。犠牲者が出たために注目を集めていますが、実際には似たような危険はそこいらじゅうに潜んでいるのかもしれません。

2006.02.25

冬季五輪

荒川選手、素晴らしい演技でした!

arakawa

五輪前の試合で浅田選手に負け続けたことを叩く人もいますが、そんなことは全く関係ありません。
荒川選手は、五輪の舞台でついに完成したのです。旧採点基準による最後の世界選手権で優勝し、そのうえ新採点基準による最初の五輪でも優勝したんですから、文句の付けようがありません。
この美しい「イナバウアー」も、本家とはかなり異なる姿勢ですし、「アラカワ」という新ワザとして認めて欲しいものです。

2006.02.11

錯覚

車のほうは暫く動きがなさそうなんで、ちょっと駄文をば。

0002

このイメージの”A"の部分と、”B"の部分は全く同じ色なんです。
最初見たときは信じられませんでしたが、画像処理ソフトでチェックしてみると、確かに全く同じ色です。
以前書き込んだ記事は、普通の人には見えて私だけが認識できない世界でしたが、これは恐らく誰が見ても同じだと思います。
人間の感覚って、本当に不思議なものです。

2006.02.05

鴨鍋

たちの悪い風邪からようやく回復し、栄養補給のために鴨鍋を食べてきました。
ちなみに、先日の記事と同じお店です。

kamo1

kamo2

鴨の肉は油が多くて、鍋の表面は油でいっぱいになります。しかし、不思議なことに全く脂臭さがありません。
鴨葱とはよく言ったもので、この油と葱の風味がが実に相性がいいのです。私は本来葱はあまり好きでは無いのですが、この鍋の葱は美味しく食べられました。

やっぱり、冬は鍋に限りますね。

2006.01.24

風邪

先週の水曜辺りから喉がおかしいなぁと思っていたんですが、木曜になって突然激しい咳と胸の痛み。
その時熱は37.1度と大したことはなく、とりあえず咳止めを飲んで金曜日は出勤しました。
しかし、夕方になって猛烈に気分が悪くなり、定時のチャイムと同意に帰宅。それから月曜まで寝込んでしまいました。
今朝になってやっと熱が下がりました。今年の風邪は結構性質が悪いようです。もしかして新型インフルエンザだったのかも?
ちゃんと病院へ行ってタミフルでも出してもらうべきだったかもしれません。

2006.01.13

和食

久しぶりに和食を堪能して来ました。

P1000527

くわい、イクラ、塩辛、など









P1000528

ふぐ刺








P1000529

海老と葱の焼き物








P1000530

椎茸のステーキ








P1000531

大根と蟹の煮物








P1000532

やまかけ蕎麦








地元の料亭で和食コースを食べてきました。
宴会料理とは違って出来たてを食べられるのが魅力です。
これで1人前¥6,500、食べ物が安くて旨いのは田舎のいいところです。
首都圏に住んでいた頃有名な料亭にいったこともありますが、高いだけであんまり旨くなかったような覚えがあります。

より以前の記事一覧